まずは、始めましてのご挨拶ですね!

サイト管理人の@kaerunです、よろしくお願いします。

私達は、私達の住む「高根沢町を”もっと楽しく”・”もっと便利に”・”もっと住みやすく”して行こう!」と活動しています。
まぁ、このことは、ホームページにも書いてありますから、「わかってるよ!」って突っ込まれそうですが(笑)

全国には、「まちづくり委員会」ってたくさんあるんですねぇ!
自分達でこの委員会を立ち上げるために、いろいろ調べている中で全国のまちづくり委員会を知ることができました。
行政が積極的に進めていたり、商店街が独自で立ち上げたり、私達のように市民活動として動いていたりと、いろんな人がいろんなカタチで「まちづくり」をしていることがわかりました。

もともとは、中心市街地活性化のために造られた、JR宇都宮線宝積寺駅東口の駅前広場、「ちょっ蔵広場」に人を集めたいとの思いがあります。
でも、正直なところ「まちづくり」って難しそうで、なんとなく面倒くさいというイメージがありました。

たんたんCafe

そんな時、「志民活動サポートセンター」のお誘いを受けて、メンバーに入れてもらいました。
ワークショップ形式でのやり取りと、宇都宮大学の三橋先生の話を聞いたり、菅野さん、増田さん、矢口さんの3人の代表の考え方などを聞いてると、「できる人が、できる事を、できるだけ」協力すること、「社会的包括・社会的包摂」など、普段なら知ろうともしないことを、わかりやすく丁寧に教えてもらいました。

その後、正式名称は「志民活動サポートセンター たんたんCafe」となりました。

その中で、一番感じたことが「熱量」の多さでしょうか…

とにかく、参加者がみんな「熱い」んです!(笑)
でも、楽しそうで…
そんな人達と何かできたらいいなぁ、と、感じました。

と、いうことで得意分野の”音楽”と趣味からおぼえた”インターネット”で、何かしようと考えました。

「NPO法人まちづくりちょっ蔵高根沢」のウェブページが作れないということもあり、一緒に運営することになりました。
もともと、イベントやその他のお手伝いをしていたこともあり、楽しくできそうです。

何はともあれ、「まちづくり」を始めてから少しずつ、いろんな人達と仲間になれたのが一番嬉しいと思います。
今は、興味が無いことでも、何かのきっかけで「まちづくり」に興味が出た時は、一緒に楽しみながら頑張ってみましょう!

私達へのご意見・ご要望などの連絡は、こちらのコンタクトフォームからお願いします。

それでは!
今後ともよろしくお願いします。

解説

  • 社会的包括(social inclusion):「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現につなげるよう、社会の構成員として包み支え合う」という理念です。
  • 社会的包摂: 社会的包摂は、排除されている人々や排除の可能性がある人々を「社会につつみこむこと」を意味している。